吐きつわりだと女の子なの?

吐きつわりだと女の子って本当なの?

ninnpusann2018728

つわり症状で性別の判断ができる?こんな情報を思わず調べてしまうことはありませんか?私は吐きつわりが酷くて母子ともに危険な状態から妊娠悪阻で入院した経験があるんです…。

 

そんな中、少し元気になって同じように入院しているママさんとお話をして盛り上がった話題は…

 

『入院するくらい悪阻が酷かったんだら…女の子よ!』

 

という徹底討論大会のような井戸端会議…^^

 

ですが…私は病院勤務の調理師!職場で治療していたので知り合いの助産師さんや、看護師さんも赤ちゃんの性別の判断ができるのか?を熱く議論したのでその内容を簡単に紹介させて頂きますね。


つわり症状で性別が判断できるか医学的な根拠はない…だけど?

結論から先にかくと…助産師さんからつわりの症状別で性別が判断ができるという医学的根拠はありませんでした。

 

ですが…火のないところから煙は立たないですよね?

 

ここからはあくまで仲間内の会話内容ですが…私が勤める病院の助産師さん、ヘルパーさん達は明らかにママの症状から…女の子か男の子かを予想して当てている猛者?がいるんです。

 

性別が確認できるのはお腹が大きくなっている妊娠15週目位。医師がエコー検査で目視で確認してますが…

 

そんなのお構いなしで…同僚たちが言うには…

 

『つわりが酷くて入院するような患者さんは女の子の割合が多いと思う…!』

 

とほとんどの出産経験のあるスタッフからアドバイスを受けたんです。実際に私が入院してして仲良くなったママ友は女の子を出産していました。

 

ここで専門的に調べたのは…何か統計的なデータがないかを調べてみたんです…。

 

結果…( ゚Д゚)

 

スエ―デンの妊婦さん100万人調査結果…妊娠悪阻だと女の子?

看護士さんが見つけてくれた情報ですが、スエ―デンの妊婦さん100万人の赤ちゃんの性別を調査した結果、つわり症状が酷い場合は女の子の出産する比率が若干上がっていることがわかりました。

 

日常生活に支障がでるような酷い身体症状(吐き気や消化器、自律神経の乱れが原因)を経験したママさん…8,186人のうち4,559(55,7%)が女の子という結果だったんです。

 

この研究で結論づけられたのは…酷いつわりがある妊婦さんからは、女の子が生まれる確率が高いということです。

 

あまり変わらなにでは?

 

そう思うかもしれません…。

 

ですが…ここから産婦人科に20年以上勤める優しい『出産経験にある優しいお姉さん』達の経験が入ると、全く現場では認識が変わってくるんです…。

医療現場では吐きつわりで入院する妊婦さんは女の子が多いと感じている

食べつわりや吐き気から妊娠初期に、酷い栄養状態、脱水症状で妊娠悪阻と診断され治療を受けるママさんは少なくありません。私が勤める病院は地方病院ですが地元のママさんが集まるんです。

 

先ほど紹介したスエ―デンの妊婦さんの調査では、つわりが酷いと女の子という結論でしたが誤差はそれほどありませんでしたよね?

 

ですが…悪阻でケトン値が上がって入院する患者さんを観察していると、医療現場では比率がこれより随分女の子に偏る傾向があることを、私の同僚たちは認識しています。

 

正確な数字は職場の秘密情報なので提示できませんが…ベテランの医療スタッフが曰く…

 

『吐きつわりが酷くて入院した方には…女の子かもしれない…と会話することを推奨します』

 

との秘密のコミュニケーション方法があるのはここだけの内緒話です。

 

関連情報…つわりで性別の違いが分かる?男の子、女の子で症状が変わるの?

スポンサーサイト

page top