妊婦の葉酸不足症状によるつわり症状と検査方法

てんかん持ち妊娠出産は奇形性発生率が高まる

てんかんで使われる薬は妊娠時に胎児に影響を与え、奇形性発生率が高まると言われています。ここで必要な対策は、薬の種類を変えることと、正しい知識をつけることです。

 

 

てんかんの発作は痙攣が良く知られていますが、妊娠時に奇形率が高まるのを知って服用を辞めた時の発作は、母体の命に関わる事故につながる恐れがあります。怖いのは意識障害、呼吸障害です。

 

 

hakuigazou

妊娠中に赤ちゃんのために薬の服用を止めてしまうママさんが多いと言いますが、発作状態から母体のお腹に宿る胎児に十分な酸素が送られずに流産のリスクが高まります。

 

 

運転中に薬を辞めてしまって発作を起こしてしてしまった場合は事故に。歩いていて意識障害を起こしてしまうと転倒したショックでお腹の赤ちゃんがケガをしてしまうかもしれません。

 

 

妊娠中に抗てんかん薬を飲むことは必要なことなとなんですね。

 

 

抗てんかん薬で特に胎児の奇形リスクが高まることがデータで解明されたお薬があります。

 

 

抗てんかん薬として日本国内でよく使われる薬剤で特に医師に相談が必要なのはバルプロ酸ナトリウム、「テパケン」です。この薬剤を妊娠前から飲んでいたママさんは早急にお医者様に相談しましょう。

 

 

抗てんかん薬は服用する種類によって奇形リスクが下がります。

妊娠時の心配…てんかんは胎児に遺伝はするの?

男性に多い心配ですが、夫婦どちらかがてんかん症状を持っている場合、胎児遺伝するのでは?という心配がありますが、てんかんは遺伝性ほとんどはない。と言われています。

 

 

てんかんには脳の障害から発症するものと、原因不明の発症例の二つの種類に別れます。

 

  • 脳の障害から発症

「症候性(しょうこうせい)てんかん」

髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷などの脳の障害が原因と言われています。

 

  • 原因不明の発症

「特発性(とくはつせい)てんかん」

MRI検査をしても異常が見つからない原因不明のてんかん。脳波検査が発見する手段の一つです。

 

上記2つのてんかんは、乳児期から3歳の発症が一番多く、18歳までに80%が発症することがほとんです。ですが、最近では高年齢で症状が出る傾向もみられます。これは脳の障害が高齢期に起こりやすいことが起因していると言われています。

 

 

現在遺伝性が確認されるてんかんはありますが、そうしたてんかんの多くは良性であり、治癒しやすいようです。遺伝性の恐れは少なく、治療しやすいことから母体から子供絵の影響は少ないとい。と言われていますが…

 

 

問題は治療薬が胎児に与える影響です。

 

 

通常のの奇形発生率は、2~3%と考えられていますが、てんかんの治療薬「テパケン」の薬剤の奇形発生率は、9.3%です。

妊娠中にてんかんの発作を起こした場合の赤ちゃんへのリスク

お腹の赤ちゃんに影響があるかも…多くのママさんが妊娠中に抗てんかん薬を辞めてしまうケースがありますが…これは、胎児の発達障害・奇形・切迫流産・切迫早産の発生率、リスクが高まります

 

 

これは、てんかんの発作で全身や部分痙攣(けいれん)を起こしてしまい、酸素を母体が身体に取り入れられず、身体の中の酸素が低酸素状態になってしまうからなんですね。低酸素状態が続くとママの身体から赤ちゃんに十分な酸素が供給されません。

 

 

私たち母体も、急に意識を失ってしまって、事故やケガから様々なリスクが高まってしまいます。

 

 

使用している薬の量や種類が多ければ多いほど奇形発生率は高まるという報告もあります。発作の状態によって薬の量を減らしたり、飲まなくすることは可能です。

 

 

発作の症状や、回数の頻度で薬の量や種類は変えることができるんですね。医師と相談し薬の種類や量を調節することが奇形リスクを下げるための重要なポイントと言えます。

妊娠中の抗てんかん薬の服用は必要

てんかんの発作によって発達障害・奇形・切迫流産・切迫早産を避けるためには妊婦の薬の服用は必ず必要です

 

 

「バルプロ酸ナトリウム(デパケン)」は抗てんかん薬として非常に多く使われている薬です。発作の原因になる異常な脳波を整える効果があります。このため抗てんかん薬として処方されています。

 

 

脳神経に働きかける効果があるので、心療内科や精神科でも、気分の安定でよく使われるお薬です。

 

 

 

「痙攣(けいれん)」はてんかんの良く知られている症状ですが、意識が急に朦朧としたリ、気を失うこともあります。転倒が原因でお腹を痛め胎児が傷つく、最悪事故に巻き込まれされ母体のも影響が出る恐れがあります。

 

 

発作の低酸素状態や意識障害から身体の損傷のリスクを避けるために妊娠中の抗てんかん薬は重要なことです。

抗てんかん薬から赤ちゃんの奇形リスクに問題が起こる確率

akatyanngazou

切迫流産・切迫早産と発作からの低酸素状態を避けるために、抗てんかん薬の服用は母体に必要と言われていますが、一方では二分脊椎(神経管欠損)、心奇形(心臓の奇形)、顔面小奇形(小頭症)を起こす確率を上げるリスクもあります

 

 

 「デパケン」は、妊娠中の投与しないことを原則にしていいるお薬です。症状が酷医師が必要とする場合には慎重に投与することが求められる非常にデリケートな薬です。

 

 

抗てんかん薬の中でも一番高い奇形確率は…デパケンの9.3%

 

 

抗てんかん薬といて妊婦が服用した場合と、気分を安定させるために服用した場合、どちらも奇形発生率は高くなっています。

 

 

通常の奇形発生率は、2~3%ですが、デパケンを服用した場合9.3%と一番高い奇形発生率でした。

 

 

通常の5倍近い奇形発生率だと驚いてしまうと思いますが、抗てんかん薬の種類によってリスクは通常の確率に近づけることができますよ。

 

 

他の抗てんかん薬で服用率が多いのは、ラミクタール、フェニトインが良く飲まれているお薬ですが、奇形発生率はラミクタールは2.0%、フェニトインは2.9%という結果でした。

単剤と多剤の服用でも確率は変る

症状によっては1種類のお薬ではなく、何種類かを同時に飲むように処方されますが、単剤では3.7%であるものの、多剤であると6.0%も奇形リスクが上がるとされています。

 

 

実際に出産を経験した抗てんかん薬を飲んだママさんを調査したところ8割以上の方が元気な赤ちゃんを産んだというデータもあります。

 

 

ママさん…妊娠中に胎児に悪い影響を与える要因に「ストレス」があります。

 

 

妊娠していて心配になる気持ちは良くわかります。こういう良いデータもあるので…リスクはあるけど、元気な赤ちゃんがたくさん生まれている事実があることは安心できる実例です。

奇形発生率を下げる為の葉酸摂取が国から推奨されています

葉酸の摂取は厚生労働省が妊婦に推奨しています。抗てんかん薬を服用すると私たちママの血管の中の葉酸の濃度が十分ではないために、おなかの赤ちゃんに葉酸が神経器官の発育に必要な量が届かないことが奇形リスクを上げる原因の一つと言われています。

 

 

葉酸は赤ちゃんの脳や脊椎といった重要な神経器官の育成に重要な栄養素です。

 

 

厚生労働省では神経閉鎖障害のリスクを下げるため。と解説がされています。抗てんかん薬は脳波を整え、気分を落ち着ける精神的な働きを持つ特徴があります。

 

 

てんかんの発作や気分の安定に使われる抗てんかん薬は、「神経に作用する薬」なので服薬していると奇形リスクが高まると言われています。

 

 

ですが、葉酸は赤ちゃんの神経を育成する「赤ちゃんの神経ビタミン」と言われている大切な栄養素です。

 

 

脳や脊椎な重要な神経組織は、十分な葉酸、そして吸収を助ける相互作用のあるビタミン群を摂取することによって、奇形発生率を下げることができます。

抗てんかん薬服用時の葉酸の摂取推奨補充量

てんかんの治療ガイドライン(2010)により推奨されている補充量は妊娠前で1日0.4mg、妊娠時で0.6mg、授乳期で0.5mgです。

 

 

推奨量が変わるのは妊娠前から妊娠初期にかけては母体の中で赤ちゃんが急激に発育されるためです。

 

 

妊娠初期(8週目)から3か月に神経器官の成長が促進し、授乳中は赤ちゃんが母乳から栄養をとるため妊娠前、妊娠後、授乳期で葉酸摂取量は変化します。

 

 

hourennsougazou

葉酸が豊富なほうれん草では、100グラム中210µgの葉酸を含みます。g換算では210µgは0.2mgです。

 

 

妊娠初期の葉酸必要量は、ほうれん草300g(4束)必要になります。かぼちゃや人参、ブロッコリーなどにも葉酸は含まれているのでしっかりと毎日食べることが必要です。

 

 

厚生労働省ではサプリメントでの摂取を妊婦に推奨しています。食品で母体に摂取した場合は、吸収率は50%ほどですが、サプリメントでの摂取では80~90%身体に吸収されます。

 

 

また、現在抗てんかん薬の「バルプロ酸ナトリウム」を服用している場合は、病院で医師に薬の相談しましょう。

 

 

何種類かの抗てんかん薬を服用している場合、奇形発生率を下げるため薬に変更をしてもらったり、血中の葉酸が不足しない薬をえらんでもらうことが、赤ちゃんの奇形リスクを下げることに繋がります。

スポンサーサイト

page top