つわりに効くビタミンb6を含んだ食べ物

つわりを抑えるビタミンb6を含んだ食べ物は効果があるの?

ninnpunoonaka1012gazou

こんにちは!初産ママの多くが苦しむ…つわり…。

 

あなたはコンデションは大丈夫ですか?

 

私は食べ物を専門で扱う、病院の調理師をしていますが…

 

妊娠9週目に、悪阻で勤め先の産科に担架で運ばれた経験があるんです。

 

…食べ物を食べることができず…倒れる三日前は水も吐いてしまう状態になってしまったんです…。病室で…

 

“ポタっポタっ”っと垂れる点滴薬は“ビタミンb6+ブドウ糖”でした。その時に医師や看護師さんから聞いたのは…

 

栄養の力でつわり症状を緩和することができるよ!ということだったんです。

 

日本の産婦人科学会では最近ですが…妊娠悪阻の吐き気止めにビタミン剤が使用されるようになりました。これは米国の医療機関が実際にママの症状に効果があるかを試験して緩和する効き目と摂取量がデータ化できたので医療現場でしようされるようになったみたいですね。

 

日本ではまだあまり知られていないのですが、アメリカではママの一般常識になっている“つわりを抑えて妊婦をスッと楽にしてくれる”ビタミンb6の研究レポートや、食べ物の紹介をこの記事では紹介しようと思っています。


1995年のつわり研究レポート…つわりとビタミンb6の効果

妊娠9週目で栄養失調と、脱水症状で妊娠悪阻で入院してしまった私…

 

退院してもその二週間後には同じようなつわり症状の傾向が表れてしまいました。

 

“何か、何かすぐ効果のある対策はないの?怖い…”

 

そんな気持ちで当時…日本、諸外国つわり抑制に関しての報道を、毎日、毎日…目を通し探し回っていたんです。

 

その際に見つけられたことが、入院した時に効いた“ビタミンB6”という栄養成分の力のことでした。

 

考えれば、つわり止めに効くサプリメントなども…ビタミンB6配合されていることや、解説されていることがほとんどだったといった様な…私の夫が見つけてくれたのは、雑誌“たまひよ”の特集記事でした。ビタミン成分は妊婦の体調を整える効き目があることが紹介されていたんです。

 

詳細をサーチしたところ、アメリカ合衆国では、1942年からビタミンB6っていうのは「吐き気」を抑制するといった効果効能が証明されている事例が自然療法医師(参照文献;naturopathiccurrents.comn)より公開されている執筆を見つけました

 

つわりとビタミンb6についての、最新の試験結果は1995年に米国産婦人科協会が公表しています(参照文献;アメリカンジャーナル)

 

1995年に342人の妊娠しているママを二つのグループに分けての調査研究が実施されました(片方には偽薬を投与。もう片方にはビタミンb6を投与。B6を25mg、3日間および10mgを8時間ごと、5日間の8時間ごと)

 

その結果、偽薬グループと比較して、3分の1は吐き気が緩和されることはなかったそうです。ビタミンB6をとる女性は吐き気や嘔吐といった身体症状が縮小し楽になることが報告されました。この試験では、つわりの吐き気や嘔吐が多かれ少なかれ抑制されていると分析されたそうです。

 

私のように食べることが難しいを通り越してしまって…水も吐いてしまう、ツライ体調のママさんはいらっしゃいませんか?

 

実際に点滴を受けると分りますが、かなり身体は楽になりますよ。人によって素早く効く人もいれば、何日か続けて摂取しないと良くならないママさんもいらっしゃいます。個人差が出てしまうのは、症状の重さや、栄養状態、消化器のコンデションによってだそうです。

 

そこに加えて…妊娠中は赤ちゃんに優先的に栄養素がママから吸収されるために、ビタミンb6、葉酸を含むビタミン群がどうしても不足してしまいます。

 

悪性貧血、むくみ、粘膜やお肌のトラブルなど悩み事はたくさん出てきていませんか?

 

つわり症状に関係なく、ママの体調維持、赤ちゃんがスクスクと元気に育つためにも、積極的にビタミンb6の摂取を心がけたいですよね。

つわり症状を抑えるビタミンb6入りの食べ物は?

レバーや青魚、まぐろといったお刺身にいっぱい含有されていますが…妊娠中は、レバーや青魚の過食は止めるのが得策です。これは、食中毒や、水銀が赤ちゃんの育成に影響があると言われているためなんです。

 

マグロや非加熱の食べ物は我慢した方がいいんじゃないかというのが一般的な意見です。 妊娠中に食べることができる物で、ビタミンB6を多く持っている物を表にしてみることにしました。

  商品名 1回の摂取量(g又は個数) 項目名4
お野菜

パプリカ
モロヘイヤ

100
100

0.37
0.35

お肉類

鶏ひき肉
鶏ささみ
鶏むね肉

100
100
100

0.68
0.60
0.53

豆類

きな粉
大豆(乾燥)

100
100

0.58
0.53

果物

バナナ
乾燥プレーン

1本
10個

0.38
0.34

その他

干ししいたけ
ピスタチオ

100
100

0.45
1.22

妊婦に必要なビタミンの吸収率を上げるためには?

ビタミンB6を効率的に摂取したい場合には、ビタミンB2を同時に補給することに気を付けて栄養管理するようにしましょう。これは、ビタミンB2が足りなくなってしまうと、やっと摂り入れたビタミンB6が、それほどパワーを活かすことができない状態で、身体の外へと排泄されてしまうからです。

 

いろいろなビタミンを合算して体内に取り入れるという意識が、すごく吸収効率を上げてくれるようになりますよ。

 

ビタミンb2を含有する食材は?

あまり栄養成分でビタミンb2入りの食材を紹介すると…

 

…なんか難しい?と感じてしまうかも…?

 

…ですが、スーパーでよく見る食材なのです…。

 

へぇ~そうなんだ!”と納得してしまうかも…?

  • お野菜…モロヘイヤ,しそ,あしたば
  • 海草類…やきのり,味付けひじき,乾燥ひじき
  • 豆類…納豆,乾燥大豆,味噌
  • その他…魚肉ソーセージ,アーモンド,ごま

お野菜はさっと湯がいてお浸し。海草類はお味噌汁や煮物などが保存も効いてお鍋一つで調理できるので手軽ではないでしょうか?

 

バナナは消化がいいので、朝一のつらいママさんには食べやすいと思いますよ。乾燥ものなんですが…大豆製品では高野豆腐は擦り下ろして汁物に入れるとのど越しが良くて、栄養価は高く吸収されやすいです(職場で実際に調理しています)。

 

きな粉はお砂糖を少し足して豆乳に入れてもいいかもしれません。

 

朝と夕飯を作る時に、それぞれ意識して違う食材を材料にしたり、煮物や乾物を上手に活用するとビタミン成分をたくさん食べることができますよ。

 

妊婦のビタミン欠乏症はどんな症状?

いまさら…?と思われていうかも?最初に解説させてもらいましたが…私たちママは赤ちゃんに優先的に栄養成分が送られること…。そして、つわり中は食欲に波があるのでどうしても栄養不足から母体の体調を整えることができなくなってしまうんです。

 

私達の身体からビタミンb6が不足するとママの身体には次の症状がでてしまいます。

  • 皮膚のトラブル…口内炎、脂漏性皮膚炎、舌炎、口角炎
  • 神経系の異常…メンタルの不調(うつ症状、攻撃的な態度、悲観的な気持ち)
  • その他…悪性貧血、免疫力低下、むくみなど

ビタミンb6はサプリメントでの摂取で大丈夫?

つわりで思ったように食べ物が口に入れることができない…気持ち悪くて…あなたはそんな風に感じてしまう時はありませんか?私達妊婦は食事でしっかりと栄養成分が補充できないことだってあります。

 

そんな時に簡単便利なアイテムがサプリメントなんです。

 

初めての妊娠で添加物や副作用が気になっていませんか?

 

特にデリケートに考えやすい妊娠初期の方は、ビタミン剤やサプリについても大事をとって担当の産科医へ摂取しても良いのか尋ねてみてはどうでしょうか?

 

 気にする必要はないと言われた時には、妊婦さん専門で開発されたサプリメントだとママさんに求められるビタミンB群がバランスを考えて含有されています。

ビタミンC,ビタミンB6,ビチオン,葉酸,ビタミンE,ナイアシン,パントテン酸,ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンA,ビタミンD3,ビタミンB12,コリンなど…

ビタミンB6が配合されていることは勿論…つわり対策や妊婦の疲労の回復に効果的な栄養成分がバランスよく身体に吸収することができます。

 

吐き気や、精神面での疲れが出てお肌の状態が悪くなってしまうことだってありますよね?

 

こういったものを正常に戻してもらう効き目もある他に…知らないと損?のメリットがありますよ。

スポンサーサイト

page top