つわりの吐き気を抑える食品を紹介します

つわりの吐き気を抑える食べ物とは?

bitaminngazou201709152

つわり吐き気を抑える効果のある栄養はビタミンB6,ビタミンB12,葉酸ということがよく知られています。

 

これは…妊娠初期は特に赤ちゃんに栄養が優先的に母体から吸収されてしまって…

 

私たちママの身体の体調を整える栄養が不足することが原因なんです。

 

特に葉酸の不足は、私たちママの身体に必要な材料!

 

この養分は…私達ににストレートに響いてしまうんですね。

 

これはしょうがないことなんですよ。赤ちゃんにとって大切な神経の育成を促す栄養素でけど…母体にとっても神経を整える効果があります。

 

食欲に波があったり…水も飲みたくない気持ち悪さを感じる時ありますよね…。こんなコンデションで妊娠前にも推奨量を摂ることが難しい栄養素を私たちは十分な量をとることは…まず無理だと思いますよ。

 

ですが…こんな私たちの事情が…自律神経の乱れの症状を引き起こしてしまうんですね。

 

読者様は何を食べれば母体も赤ちゃんも元気になると思いますか?、妊婦に必要な養分が豊富に含まれている食材ってどんなものなのでしょうか?

 

関連記事…ママの葉酸不足とつわり症状の関係を調査!


妊婦の症状を抑える魚貝食品は?

つわり症状を抑える効果のある栄養素は、米国産婦人科学会の研究でビタミンが有効ということが臨床試験から証明され発表されたんです。

 

日本の厚生省が母子手帳に葉酸サプリの摂取を推奨した大きな理由がこの産科学会の報告からでした。それから企業が効率よく安全にママさんが飲むことができるサプリが開発されたんですね♪

 

それでは…魚介食品ではどんな食材が栄養が豊富に入っているのでしょうか?ビタミンは食品から摂取した場合、食べた分の五割が身体に吸収されるというのがよく言われています。

 

一日三回バランスのとれた食事で栄養を摂取ることが栄養不足、つわりの対策になります。ですけど…調理師の私は酷い症状でとても無理だったんです…。読者様は大丈夫ですか?

 

ビタミンが豊富に含まれる魚介類として私たちが手軽に家庭でお料理できる食材としては、「あさり」、「しじみ」、「かつお」などがイメージしやすい食材です。他にどんな食材があるか紹介します。

 

 

貝イラスト

貝類…しじみ、あさり、はまぐり

 

調理がが簡単で、冷凍も可能。手軽にみそ汁や、酒蒸しなど10分料理が可能です。食材としては安くはないですが、冷凍ものをまとめ買いすると、すごく安く済みます。

 

かつおイラスト

魚類…マグロ、カツオ、サバ

 

お刺身で購入すれば、調理いらずで食べることができます。ただ、においに敏感なつわりの状態では「生臭さ」で口に入れるのが苦しい時期があります。

 

 

そんな時は加熱料理で生姜や薬味を一工夫すると食べやすくなりますよ。鰹節、煮干しなども養分が豊富に含まれているので、おひたしに鰹節をかけたり、煮干しで出汁をとると身体に栄養を摂りやすいですよ。

 

昆布イラスト

海藻類…ひじき、昆布、のり

 

ひじきは大豆と、こんにゃく等で煮ると栄養を摂りながら便秘の対策になります。昆布やのりは佃煮や、ご飯のお供に食べることができるので、家庭でビタミン群が摂りやすい食材の一つです。

つわりを抑える肉類は何がいいの?

肉類でビタミンが豊富に含まれている種類とはどんなものでしょうか?タンパク質が入っていることはみんなが知ってることなんですが…どれが一番栄養価が豊富なの?

 

こんな風には中々考えることは少ないですよね。

 

つわりを症状が酷い時にお肉?
…食べにくいイメージがあるかもしれません。ですが、食べられるときに少しずつこまめに摂ると胃に負担はかからず気軽に栄養摂取ができますよ。

 

手に入りやすく、ビタミン群が豊富に含まれる食材の上位の肉類は下の三種類なんです。内臓系の肉類は自宅で調理するのは下処理が面倒なのがちょっとデメリット…。

 

ですが…焼き鳥で食べたり、スーパーの総菜を利用すると手軽で簡単に栄養摂取できますよ。

 

レバーイラスト

・豚肉…レバー
・牛肉…ひれ肉・レバー
・鶏肉…レバー

 

お肉類にはビタミンが豊富の他に、鉄分、タンパク質が豊富に含まれています。料理が好きな方ではないと臭み抜きや、調理工程が面倒な一面がありますが、栄養価は非常に高いんですね。仕事で忙しいママさんにはスーパーなどのお惣菜で調理済みを購入すれば、気軽に食べられますよ。

ママさんが必要な葉酸が含まれるお野菜は?

つわりに効果のあるお野菜は、葉酸が豊富に含まれている食材です。イメージだとお肉とかお魚じゃなくて…お野菜っ!そう思ったママさんお料理がお好きな方ですよ。

 

ですけど…ここは注意してください!
葉酸は加熱すると栄養素が壊れて半減する特徴を持っています。
吐き気や気持ち悪さは胃腸の働きが弱くなっている証拠…先ほどの症状にですね、下痢、嘔吐をしてしまう場合は、葉酸不足になり母体と赤ちゃんに影響が出てしまいます。

 

食べて吸収される葉酸の量はさらに、半分になってしまうんです。

 

“無理じゃない…そんな特徴どうすればいいの?”

 

私も、本当に知れば知るほど…苦しくなりました。
ですけど…栄養学的に対策ができているんですよ。

 

何度も説明しますけど…ここがポイント!

※葉酸を身体に摂取したい場合は、ビタミンと一緒に栄養摂取をすると、吸収量が倍増することが解明されています。

 

このことを、「栄養の相互作用」と言われています。昔から、お肉、お魚、お野菜をバランスよく三食食べることが健康にいいと言われている理由は、こんな事情があるんですね。

 

ホウレン草イラスト

・野菜類…ホウレン草、ブロッコリー、納豆など

 

ホウレン草はつわりに効果のある「葉酸(ビタミン群)」が発見された、栄養が豊富なお野菜の代表です。ブロッコリーもホウレン草程ではありませんが、葉酸が多いお野菜です。納豆はビタミンの他にも、タンパク質、鉄分を含んだ妊娠中に食べたい食品の一つです。

つわりを抑える食べ物のポイント!

妊娠時の吐き気を抑える栄養素、葉酸とビタミンが豊富に含まれ、つわりの吐き気を抑える効果のある食べ物と、栄養摂取の重要なポイントは次の通りです。

 

食材

・貝類…しじみ、あさり、はまぐり
・豚肉…レバー
・牛肉…ひれ肉・レバー
・鶏肉…レバー
・野菜類…ホウレン草、ブロッコリー、納豆など

 

ビタミンは母体に吸収されずらい特徴とその対策

ビタミンは加熱すると栄養は半減する特徴を持っています。さらに身体に吸収される量は水溶性のためさらに、約半分の栄養量しか吸収されない難しい性質があるのです。現代の栄養学では、「栄養の相互作用」を利用した妊婦の摂取方法を国が推奨しています。

 

栄養の相互作用とは…
「葉酸と一緒にビタミンを摂取するとたくさん身体に吸収されますよ。」

 

ということです。私たちママはお肉、お野菜をバランスよく食べることが必要なんですね。
今回紹介した食材は身近なスーパーで手に入りやすく、家庭で私たち主婦が気軽に食べられる食品を、調理師の私が選びました。

 

大切なのは毎日、バランスよく栄養を身体に摂取することですよ。

 

私は現在、家事と仕事を現在両立し用として頑張っていますが…やっぱりお腹が大きくなると両立はつらいですね。妊娠初期につわり症状が酷く、動けなくなって勤務先の病院に担架で運ばれました。

 

吐きつわりが本当に酷く…赤ちゃんのためにも、葉酸とビタミンが必要と分かっていても、水も飲めない状態になってしまったんです。

 

葉酸とビタミンは熱に弱く加熱料理すると栄養は五割に。口に入れても、身体に吸収される6割程度身体に取り入れられるかどうか分からない栄養素なんです。

 

…お料理がきつい時は、簡単に妊婦の一日のビタミン必要量が摂取できるサプリメントは便利ですよ。

 

大切なのは…精神的なストレスを感じないことが回復につながると私は思うんです。
自分にプレッシャーをかけずにお互いにツラいけど…乗り越えていきましょうね♪

スポンサーサイト

page top