つわりの辛い吐き気の体験談

つわりの吐き気から…妊娠うつに…不安が止まらない

ututuwari20180801

私が長男を妊娠した時は35歳でした。妊娠初期の思い出はツラい吐きつわり…。夜ネットで検索したのは…

 

「つわりはいつ終わるの?」

 

この1点です。

 

つわりが始まったのが、妊娠2ヶ月目を少し過ぎたあたりからでした。
初めに気づいたのは、いつも行っているスーパーの総菜売り場を通った時に吐き気を感じたことでした。その時は、気持ち悪く一瞬”うっ”となりましたが、その後は吐くまで行かず、家に帰りました。

 

だんだんとひどくなったのは、3ヶ月目くらいからです。

 

私は匂いで吐き気が起きるだけでなく、見るだけでも吐き気が起きてしまいました。例えば、大好きだったサラダ。これを見ると気持ち悪くなりました。
また、夏の妊娠でもあったので、クーラーが苦手な私は扇風機をつけていましたが、扇風機を見ると気持ち悪くなるという時期的には最悪な状態でした。

 

そして毎日、毎日…ベットに横になっても気持ち悪く、何をしていてもだめだったので…鬱状態になりました。

 

こういう精神状態は赤ちゃんに良くないのではないか?と考えてしまうと、余計に自分は母親になる資格はないのではないか?

 

…と負のスパイラルに陥りました。

 

病院では薬を処方出来るのはあると聞き、魅力を感じましたが、万が一薬を飲んで赤ちゃんに問題があったら?と考えてしまい断りました。

 

「つわりはいつまで続くのか?」を調べていたのは…今の状態がいつ終わるのか?

 

先が見えない不安な気持ち、体調に先が見えない不安を感じたからでした。


妊娠中の吐き気のきっかけ…物を食べるのが怖い

期間は妊娠2ヶ月目から3ヶ月目の終わりくらいまでの1ヶ月半でした。

 

いつつわりが終わりましたというのは覚えていませんが…自然になくなって行ったという感じでした。

 

思い出してみると…一番始めに嘔吐してしまったきっかけは、朝にウィンナーを食べた時でした。
初めは良かったのですが、口の中で油が広がった瞬間、一気に気持ち悪くなり、トイレに駆け込みました。

 

朝だったので、吐いた量はそんなに多くなかったですが、ショックでした。

 

つわりと分かっていても”吐き気がする”止まりだった私は、実際に吐いてしまうと、物を食べるのが怖くなりました。

 

何が平気で何が食べられないのかもまだ分からなかったので。徐々に自分の体が分かって来て、フライドポテトは食べられるが、ポテトサラダは吐きました。
食材ではなく、調理法と見た目が非常に影響しました。

 

吐きそうになった時は、必ずジンジャーエールを飲んでいました。そうすると吐くまでは行きませんでした。

 

しかし私はもともと炭酸が好きではなく、炭酸が効くというのをネットで調べ、飲むようになりました。

 

その時はびっくりするほど飲めました。ただ、吐くようになってからは、外で食事をする事を控えました。

 

仕事をしていなかったのでその辺は良かったです。

悪阻が酷い原因はストレス。私の解決策は辛い物を食べる事でした。

食べ物がほとんど食べられなかったのですが、唯一食べれたのが、麺類でした。それも辛いものに限ります。それを食べた時だけ吐き気はありません。ところが、ネットで調べてみると”辛い物”は良くないという意見がありました。

 

ですが…つわりは吐き気からくるこういったストレスがさらに助長させている気がします。

 

うつ症状の時はあらゆることに我慢をしていた…今はそんな感想を持っています。

 

私は、『あの時、私が辛い物を食べなければ』等の後悔をしたくなかったので、我慢していました。

 

妊娠中に辛い物を食べるとなぜ良くないのか?という記事では、腹痛、胃痛の原因になり、カプサイシンの影響で下痢または便秘などの症状が出る為。

 

塩分が多いため、高血圧などの影響も出やすい等。

 

私は、海外のサイトでもどういう見解が出ているのか調べました。

 

日本の医学は念には念をの思いがあり過ぎる気がします。それがかえってストレスになる事もあると思い、海外のサイトで調べました。辛いものに対しての注意書きなどコメントはほとんど見当たらなかったです。

 

それもそうだと思いました。あれだけ移民文化の中で、辛い物を食べてはダメと言ったら、宗教や国の文化批判にもなりかねません。

 

インドやタイの方は健康に子供が産めないのか?など。

 

実を言うと、私のつわりで一番欲しかったのは、この安心感でした。

 

何でもこれをやってはダメ、これをやると子供がもしかしたら?などで、ストレスもマックスになっていました。

 

この海外のサイトでストレスが一気に吹っ飛びました。

つわりの対策に葉酸サプリを飲んでみた感想

35歳の妊娠でした。不妊症というより結婚が遅かったので出産年齢は高めです。雑誌などで妊活に葉酸サプリを飲むことがいいという知識はありましたが…飲み始めたのはつわり中の妊娠初期でした。

 

あまりも吐き気が酷く、栄養状態が酷い私を心配して夫がプレゼントしてくれたのがきっかけでした。

 

私は相性が良かったのか?他のママさんの口コミや体験談のように効果を感じるまで2週間とか、3週間かかることはありませんでした。
とはいっても…全く食べられない、横になってばかりいたのが葉酸サプリを使ってみて三日目位で、少しづつ家事ができるようになって…食べたい辛い食べ物を食べる気力が出てきたことでした。

私が飲んで試した葉酸サプリのことを調べて使ってみた感想は【妊婦に効く?つわり軽減サプリの効果は?】で紹介しています。本当に今の吐き気がつらい。いつ終わるのかな?そう感じたときの希望にして下さい。

人間って不思議で…苦しくても食べたいものを少し食べられて、少し眠れるようになると…うつ症状は随分軽くなったような気がします。

 

私みたく30代中盤で初めての妊娠。吐きつわりが辛くて…

 

気分が落ち込みやすいなら栄養には気を使った方が身体が楽になると感じました。

 

私がプレゼントしてもらったのはベルタ葉酸サプリです。

 

公式ページはこちら…【ベルタ葉酸サプリ】

 

私と同じように、身体が辛くて気付くと横になってしまったり…気分の落ち込みが日常生活に支障が出てしまうなら試す価値はあると思います。
お腹の赤ちゃんにも十分な栄養がいきますよ。

 

スポンサーサイト

page top