つわりの便秘が辛い吐き気の解決策は?

つわりが辛い…吐き気が起きて不安…先天性奇形が怖い。

akatyannmama20180221

妊娠をすると、つわりがあることがわかっているとちょっとナーバスな気分になることがありました。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

妊娠前と比べて考えすぎてしまったり…悲観的な考えがになることはないでしょうか?妊娠をするということは、とてもおめでたいことですね。しかしその一方で…

 

“あの辛いつわりを乗り越えなければならない”

 

と思うとそんな気持ちになってしいませんか?

 

私の場合は最初は、ちょっと胃のあたりがもやもやするといった感じです。そのため、嘔吐をしてしまうことはありませんでした。ですが…ちょっと吐き気がすることがあったんです。

 

食事については…

 

“赤ちゃんに栄養を与えることが大切!”

 

無理をしても食べるようにしていましたね。義理の両親や自分の身内からも食欲がなくても食べるように見ないプレッシャーを受けていたような気がします。ですが自分にプレッシャー?悪い表現だとストレスをかけることで、ちょっとでも赤ちゃんに対して栄養を送ることができると思ったのです。

 

ですが…どんどんつわりが酷くなると…

 

“本当に大丈夫なの?”

 

と真剣に悩むことが多くなりました。特に心配をしたのは、なんといっても先天性奇形の心配です。そのことが本当に一番心配でした。


つわりの吐き気とストレスが原因で赤ちゃんが栄発達不良に…?

つわりを一度経験すると赤ちゃんに十分な栄養を与えることができないと私は思います。自分では、きちんと食べていると思っても、少し遅れたタイミングで吐いてしまうこともありますね。1度ならまだしも…これが3日、4日…1週間と続くと、赤ちゃんが栄養不足になりますよね…?

 

不安な気持ち…早く解決したい…そう思っていろいろなことをしてきました。しかしそのどれも今ひとつと思うことばかりでした。

 

流動食みたいな擦り下ろしたリンゴや冷たいゼリーを食べても…やっぱり嘔吐をしてしまうことがあったのです。

 

病人食でも胃が受け付けてくれないことは…ショックが凄く大きかったんです…。

 

“何を食べればいいの?”

 

ネットや書籍で紹介されている食べ物、飲み物は個人差が多いと…本当に実感することになりました。

 

つわりの原因として…

 

“食べなくちゃいいけない”

 

自分でプレッシャーをかけストレスをかけてしまう私たちママの環境の問題が私はあると思うんです。ですが…無理をして食べたあとに吐いてしまうので結局食べないことと同じになります。

 

ストレスが原因でお腹の子の発達障害になるということも聞いたことがあります。妊婦さんで、体調不良でほとんど食べていない人、食べられない…こんな話題が出るとはやっぱり心配な気持ちになってしまいます。

つわりの吐き気から嘔吐…酷くなった原因は?

私が妊娠をして、最初につわりがあると思ったのは、妊娠したかどうかわからないような時でした。そのため、妊娠4週目あたりかもしれません。今思い出せば納得できるんですが…当時は精神面が落ち込み洋服や言葉が荒れていました。

 

初めての出産だとこんな早い時期から症状が出るなんてわかりませんよね?

 

そんな時期でも、つわり症状があるのです。そしてそ時から、度々吐き気があるようになりました。実際に嘔吐しなかったので…まだ安心感はあったと思います。それは、栄養分として、食べたものが少しでも赤ちゃんに与えることができるからです。

 

しかし、4週目を過ぎて妊娠中期に差し掛かる頃、私のピーク時期はやってきました。実際に嘔吐してしまうことが多くなったのです。

 

そのきっかけとしては、多くのママが経験する便秘でした。その時、食べられないので食べずにいると、続いて水も飲めない気持ち悪さが私を襲うようになってきたんです…。便秘がひどくなり、便が出なくなる時期が1日…また1日と続くと食べ物だけじゃなく、水を吐くようになってしまったんです。そのことから…

 

“お通じがないと気持ち悪さがドンドン大きくなってしまう…どうしよう…。”

 

しかし食べることができないので、どうしようもないのです。そんな時、オリゴ糖を食べることにより便秘を少し解消することができたのです。その後は、便通が軽くなっていくと私の症状が軽くなっていくと思うことができました!

つわりの便秘が原因の吐き気を抑えるためにどうしたらいいの?

私のつわり症状の悪化の原因は便秘症状が続いたせいでした。食事量が減ってしまって自分の自律神経、ホルモンバランスの崩れからどんどん気持ち悪さから嘔吐…立ち上がることができない気持ち悪さが引き起こさされてしまいました。

 

便秘の解消法は良く知られているのは…

 

運動、睡眠などの生活リズムを整えること、食物繊維や乳酸製品…いつものよりも水分をこまめに摂取することが推奨されていますが…私にはすべてが難しいことだったんです。

 

妊娠中…身体が辛くて立ち上がること、貧血も酷くて運動は勿論、妊娠前は大好きだったチーズが食べれなくなってしまったんです…。乳製品を無理して口に入れて嘔吐してしまったんです。

 

私が妊娠中のつわり対策で身体が受け付けたのは粉末のオリゴ糖でした。人肌に温めたお水180mlに小さじ1を溶かして舐めるようにチビチビを口に含んでいました。冷たい水は口と喉にさっぱりした感じがしたんですが…直後胃に不快感が出てしまったんです。人肌に温めると飲めなかった水分が少しづつ入るようになったんです。

 

私にオリゴ糖が妊婦の便秘の緩和にいいことを教えてくれたママは、オレンジジュースで割って飲んだり、紅茶に入れたりして飲むようにしていました。

 

妊娠中でも安全に飲めるおオリゴ糖はすごく人気があります。生まれた赤ちゃんにもカイテキオリゴ は有効ですよ。食品と一緒に簡単に食べて摂取できます。便秘に苦しむ妊婦さんはぜひ参考にして下さい。

 

試してみたら…少しづつ便秘が改善されてきたのです。これはいいかもと思って、その後の続けていました。するとなんと…悪阻の症状が緩和されたんです。その後は、食べることも少しできるようになりましたよ。

 

是非試してみて下さいね!

スポンサーサイト

page top