つわりの吐気で胃が痛い時の対策

つわりの吐き気で胃液の過剰分泌が起こり、胃が痛い時には!?

ninnpuituugazou20171113

つわりは病気ではないというものの、吐き気で胃液しか出てこない。胃が痛いと悩ましく、元気喪失するプレママは多いのではないでしょうか?

 

食べ物が食べられなくてメンタルも落ち込んでしまいがちになっちゃいますよね。

 

私は食べ物が食べられなくなって、水も飲めなってしまった経験があります。

 

そんな時に、大切なのは、少しだけでも…

 

赤ちゃんのために食べなくちゃ

 

という思い込みは忘れましょう。考えてしまうと止まらなくなってしまいます。
たまにならいいストレスかもしれません。ですが、毎日、毎日こういう考え方が頭イッパイになってしまうと気分が落ち込むことが習慣化してしまいます。

 

赤ちゃんの心配は当然ですが、妊娠中にはまずプレママ自身が元気にならなければダメなのです。そこでつわりによる吐き気で「胃液が止まらない」、また「胃が痛い」といった症状の時におススメしたいのが胃に優しい飲み物です。

 

まずは胃を労わりつつ、気分を回復させることに努めてみませんか?今回はおススメの飲み物、そして胃が弱っている時の飲み方のポイントを紹介します。


つわりが要因で胃液分泌が発生!痛い時に適した飲物をご紹介!

つわり中でも家庭で直ぐ準備でいるおススメの三種類を紹介します。妊娠中でも飲める市販薬を飲む前に一度試してみるのはいかかですか?私たちママの味覚やコンデションによって、身体に合う合わないはあるかもしれません。ですが、今の体調が少しでも楽になる飲み物をみつけられれば少しでも胃液が緩和されて楽になりますよ。

 

白湯

胃を刺激することなく飲める白湯はいつ飲んでも大丈夫。飲みたくなったら、白湯をゆっくりと口に含んでリラックスしてください。ここでのポイントは、胃に優しい白湯を作ることです。お湯をじっくりと沸かすことからスタート。ぼこぼこと音を立てて湧いたら、それから暫くそのままにします。

 

それから冷ますのが正解

 

冷蔵庫に入れてキンキンに冷やすと胃への負担が増えてしまうので注意が必要です。常温で保管すると安心です。

 

牛乳

胃壁を守るたんぱく質の摂取として手っ取り早い方法は牛乳を飲むことです。今の痛みはもしかすると胃液にやられた胃壁のダメージの起因しているものかもしれません。

 

そんな時には牛乳が最適。

 

軽く温めて飲むとホッとします。この牛乳は熱過ぎても冷た過ぎても逆効果。加減をしながらレンチンしてください。

 

お茶

お茶には胃を元気にしてくれるタンニンという成分が含まれています。胃液で痛いと思っている人がお茶なんてカフェインも入っているし刺激が強過ぎると考えたら大間違い。

 

胃の痛みを和らげて、ダメージを回復へとサポートしてくれます。

 

あまり濃過ぎることなく、適度な濃さで入れて冷ましてください。緑茶がタンニン含有量が多く、甘みのあるテアニンも入っているのでオススメ。飲み過ぎず、「これだったら個人的に効き目が期待できる」と思うものを選べばOKです。

 

このように周囲にある手軽な飲み物で胃の痛みを改善することは可能です。
いずれも常温もしくは体温と同じくらいの温度で飲むことを忘れずに!

 

スポンサーサイト

page top