妊婦の葉酸不足の影響を紹介します

妊婦は葉酸不足になりやすい…でもどうして?対策は?

akatyanngazou201710

妊娠すると赤ちゃんに優先的に栄養成分が母体から送られます。妊娠前と比べると葉酸の消費量は二倍に跳ね上がってしまいます。

 

赤ちゃんの神経(脳や脊椎)の材料がこの栄養成分なので私達ママの身体は…どうしても葉酸不足になってしまうんです。赤ちゃんやままにどんな影響があるのでしょうか?

 

…つわり症状で食欲もなく胃腸が弱ってしまうと、食べてからに栄養補給できなくてしまいます。どうして?と調べて理由が分かっても…これは自然になってしまうのではないでしょうか?

 

厚生労働省が妊婦さんにサプリメントでの栄養摂取を推奨しています。

 

妊娠中の女性は毎日400㎍が好ましいとされています。お腹に赤ちゃんが授かる前から…野菜メインで葉酸がたっぷりの食事を摂っていらっしゃる人ならば、比較的に簡単に推奨されている栄養量を乗り越えられるかも知れません。ですが…実際のところそう簡単ではありませんよね。

 

私は現役の調理師ですが、この量を毎日食べる(作る?)ことは正直無理でした。

 

…可能であるなら、葉酸を多目にとれるよう、一番初めは献立を工夫してみて開始してはいかがでしょうか?入っている野菜や果物を理解することが出来るだけだとしても食材の考え方が変わりますよ。

 

食べたくない時や、喉を通らない時こそ自分の身体のキーポイントになる食品が理解できると、これならば食べることができる…こういうマイアイテムが必然的にあらわれるのです。


葉酸不足はどんな影響があるの?

葉酸がママの身体から不足してしまうとお腹の赤ちゃんとママにに、どんな影響があるのでしょうか?代表的な症例をピックアップして紹介したいと思います。

 

赤ちゃんの先天異常

妊娠中の葉酸不足ですがママさんみんなが、恐怖を覚えることがあります。それは、胎児のの先天異常なんです。 妊娠中、神経器官の育成に必要な葉酸不足に陥っているケースだと、胎児の育成不良や奇形児に繋がる危険度は上がってしまいます。とりわけ「二分脊椎症」や「小脳症」といった神経管閉鎖障害の可能性が高まるというのが実証されています。

 

二分脊椎症は、行動支障あるいはマヒなどに見舞われる以外、内臓の活動にも影響をおよぼすこととなる疾患です。なので、赤ちゃんのことを考えても積極的に予防したいですよね。

 

ですが、葉酸不足が切実な原因ということが分かっていても、日本ではここ数年…葉酸摂取の重要度が馴染んでいないために、海外のと比較して発症の危険性が高い状態に見舞われています。

 

関連記事…つわりの葉酸不足で起きる神経管閉鎖障害とはどんな症状?

 

母体の貧血

葉酸が不足すれば血液の中の酸素を身体全体に運搬してくれる作用がある赤血球の形勢が効果的に働かないために、母体が酸欠の状態になってしまいます。そうなると悪性貧血と呼ばれる状態になって、目まいや立ち眩み、蒼白、発熱、胸の苦しさ等を含んだ不具合が引き起こされます。

 

 毎日バランスがしっかりした食生活を忘れないようにしていればこういう状態にはなりづらいといわれていますが、妊娠中については従来よりもたくさんの葉酸を人体は費やすからこそ貧血症状を起こしやすいと言われています。

 

メンタル面の悪化

産後うつ、または妊娠初期にイライラ気分の落ち込みといった精神状態も葉酸が足りなくなった栄養不足の状態に一因があると言われています。これは神経ビタミンと呼ばれる葉酸が母体の自律神経を維持できる十分な量がなくなくなってしまって、リラックス状態に気持ちを持ち上げられないからだとも言われているんです。

 

産後うつとよく聞きますが、授乳で葉酸に加えて鉄分やトリプトファンがやはりママの身体から失われるから…という説もあるのです。

 

大切な赤ちゃんの健康を保護することを願うなら…妊婦さんは優先的に豊かな葉酸を体内に取り入れる様に気をつけてくださいですね。 ママの身体にも影響がでてしまいます。

 

関連記事…つわりの吐き気を抑える栄養素とは?

 

葉酸が足りないせいで母体も悪性貧血が発症することも考えられます。そういったことを抑制し、母子一緒に健やかであるために、妊娠中は毎日400㎍を判断基準に妊婦に必要な栄養成分の摂取を意識してみましょうね。

スポンサーサイト

page top