妊婦の葉酸不足とつわり関係を紹介します

妊婦の葉酸不足のつわり症状の関係は?和らげる方法はあるの?

tuwarihakikegazou20171029

仕事中に吐き気を感じてしまったり、急なめまい…メンタルの波を感じる妊婦さんは多いのではないでしょうか?あなたは大丈夫ですか?

 

お腹の中に新しい命を宿した私たちの身体は、赤ちゃんに優先的に栄養が摂取される自然の仕組みになっています。

 

こんな症状の原因の一つとして「葉酸不足」が挙げられます。

 

妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れるため、自律神経が乱れるのが不調の原因といわれています。

 

自律神経を整えるための栄養成分は赤ちゃんに優先的に栄養補給されるため、どうしても不足しがちなんですね。特に妊娠初期のママさんは注意が必要です。

 

これは妊娠初期にお腹の赤ちゃんの重症神経器官(脳、脊椎)が急激に育成されるためなのです

 

この時期は妊婦さんみんなが食べられない、食べつわりといった栄養不足になりやすい時期なんですね。ママの身体の栄養が足りなくなってしまって消化器の働きが…どうしても弱くなる時期でもあるんです。

 

現在体調が悪い…つらい吐き気を感じたり、眠気、メンタルの不調の原因の一つは妊娠前と比べると栄養不足になっている可能性があります。ですがこれは、私達ママの宿命と言えるかもしれません。

 

ですが、満足に食事を摂ることができない…栄養の不足状態が続くと、母体と胎児に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

 

関連記事…葉酸不足が赤ちゃんに及ぼす影響が怖い

 

身体の不調が続く場合には、病院で血液検査をすると葉酸が不足しているかどうかは検査結果の数字から医師が判断してくれます。現在つわりで苦しむママさんが葉酸が不足する生活をしているかの可能性は、食事と生活習慣である程度チェックができますよ。

 

一緒にチェックししてみませんか?

 

食生活からチェック!葉酸不足の確認リスト
  • 三食の食事で緑黄色野菜を摂ることが少ない
  • イチゴやミカンなど柑橘系の果物を食べる習慣がない
  • 納豆、豆腐、豆乳など大豆製品を食べることが少ない
  • 自宅でご飯を食べるよりも、中食や外食が続く日がある
  • 飲酒、喫煙の習慣が断つことできない
  • 刺激物(辛い物、スパイス)を好んで食べる

 

葉酸が不足する食生活と生活習慣を6つ挙げてみました。あなたに当てはまる項目はあったでしょうか?

 

6つのチェックリストに心当たりが多いほど、妊婦に必要な栄養成分を摂取できない可能性があります。これは…せっかく栄養摂取しても身体の外に排出されてしまう生活習慣なんです。

 

三つ以上当てはまるようなら、葉酸が不足する生活を送っている可能性は高く、つわり症状や赤ちゃんに影響がある可能性は高いと言われています。


妊娠初期のつわり時期はなぜ?葉酸が不足するのか?

menntarunamigazou20171029

妊娠前に上記のチェックリストに当てはまる生活習慣を送っていると、葉酸不足から…吐き気、肌荒れや、不眠症、急な眠気、メンタルの波を感じる女性がほとんどです。

 

妊娠初期は急激にお腹の赤ちゃんが成長し、お腹の中で胎児を守るために葉酸はたくさん使われてしまいます。ご飯を食べたい時もあれば、食欲が湧かない時もある繊細な時期ですよね?妊娠前と比べつとストレスが溜まり易かったり…些細なことが気になってしまう時期でもあるんです。

 

妊娠前と比べると自分の身体が自分のものではなくなった…私はこんなふうな感想を持ってしまいました。

 

その時に調べて強く思ったのは…葉酸は自律神経を整える効果があること…そして、私たち女性にとっては本当に大切な栄養素ということでした。

 

この栄養素が赤ちゃんにイッパイ吸収されて、私たちの身体を整えるホルモンバランスが崩れて、これが原因で自律神経の乱れから…妊婦の特徴つわりの症状は起きてしまうんですね

 

厚生労働省が母子手帳で妊娠前から妊娠中に意識をして…葉酸を妊婦が摂るよう推奨されているのは、赤ちゃんの重要な神経器官を育成するためにどうしても妊娠前の、二倍の葉酸が毎日消費されるからなんです

 

妊娠前と比較して葉酸が不足する原因をもう少し掘り下げてみます。

 

赤ちゃんを守るために葉酸は妊娠前よりもたくさん消費する

 

妊娠初期は赤ちゃんの身体が急激に大きくなる時期ですが、葉酸は胎児の脊髄、脳といった重要な器官の成長を促す栄養素です。

 

身体の神経は持ちろん、腎臓や膵臓といった繊細な働きの成長の材料…血液や骨を作るためにも大切な働きをしているんです。つわり症状から栄養が摂取できない状態になってしまうと、赤ちゃんの奇形リスクが高くなります。

 

関連記事…先天性奇形とは?原因と葉酸での予防方法

 

葉酸は赤ちゃんにとって大切な大切な栄養素…妊娠初期は特に神経器官が急激に育成されるために、たくさん消費されることは葉酸不足になる大きな原因の一つなのです。

 

脱水症状やつわりが原因での便秘による腸内環境の悪化

 

妊娠初期は栄養状態によってつわりの悪化や、脱水症状を起こしやすい時期です。食べられない、水も飲めない、つらいつわり症状から脱し症状や栄養不足から便秘を経験する妊婦さんが非常に多いんですね。

 

葉酸を含むビタミンB群は腸内細菌の働きによって、体中に行きわたります。

 

腸内環境が悪化すると、ビタミンを摂取しても腸内細菌が上手く働かず、吸収することができなくなってしまいます。あまり知られていませんが…妊娠初期で腸内環境が悪化する一番の原因はストレスと言われています。

 

初めての妊娠で酷い便秘や、肌荒れを経験するママが多いのは…初めての妊娠で、経験したことがない出産の過程でストレスを感じることが多いからとも言われていますね。

 

遺伝性、体質による吸収阻害

 

生れつき胃腸の弱い体質ママさんや、病気で小腸を手術した場合、葉酸が身体に上手く腸から吸収することができない体質の妊婦さんがいます。

 

体質のチェックは病院の検査が一番信頼性が高いです。私は病院勤務の調理師ですが、つわり症状が酷く職場で動けなくなり、担架で運ばれる経験をしました。

 

血液検査で栄養状態の数値を医師が確認して処置したのは、ビタミン剤とブドウ糖の点滴でした。

 

疲労やストレスから妊娠初期に葉酸が吸収できない時期があることは珍しいケースではないそうです。遺伝性、体質による吸収阻害でも医師の力が必要な時と、必要ではない時期に別れるのが一般的です。


葉酸が不足するとどうして?つわり症状は酷くなるのか?リスクは?

akatyannegaogazou20171029

妊娠初期に葉酸が不足するのは、赤ちゃんの神経管(脳、脊椎)の育成の材料だからです。別名“赤ちゃんのビタミン”と呼ばれていて必要不可欠な栄養素なことはもうご存知ですね。葉酸はビタミンB群の栄養素の一つですが胎児だけに影響を与える成分ではないんです。

 

あなたにも大きな影響を与えているんですよ。葉酸が不足するとおなかの赤ちゃんに奇形リスクが高くなります。奇形リスクというのは赤ちゃんの脳や脊椎が正しく育成されないで…流産や死産に繋がる危険性を高めてしまうんです。

 

妊娠初期に神経管(脳、脊椎)がお腹の中で育まれるために、妊娠前の二倍以上の葉酸が毎日消費されていきます。この時期にほとんどのママさんが経験するつわりは食欲を減退させて必要な栄養を母体は吸収できない状態になってしまいます。葉酸は、ママの身体の女性ホルモンの働きを整え、吐き気や眠気、肌荒れ、イライラを予防する効果があるんです。

 

赤ちゃんの神経の材料になるこの栄養は私たちママの身体の神経やメンタルに深い関係があると言われています。

 

つわり症状が日に日にあなたは酷くなっていませんか?

 

妊婦がなりやすい、葉酸の不足は女性ホルモンのバランスが崩れ、自律神経の乱れから症状を悪化させていていってしまうんです。

 

対策としては…葉酸摂取を心がけた生活を送ることが大切なポイントになります。不足しやすい栄養を身体に摂取すると母体のコンデションを整える効き目が表れるからです。妊婦に必要な栄養量を摂取することができれば、母体の女性ホルモンのバランスを整えることから、つわり症状は抑えることができるんですね。

 

ですが…あまり知られていないことなんですが…葉酸は熱で50%以上壊れてしまう繊細な特徴を持っています。水溶性なので調理工程でお鍋の中の水に溶けてしまうんです。

 

私は悪阻で入院して退院後も吐き気が治まらないで不安や夜を過ごしました。食べなくちゃ…と思っても食べ物を口に運んでも飲み込むことができないんです。酷い時は匂いを感じただけでトイレに駆け込むときがありました。あなたはそんな時はありませんか?

 

厚生労働省は食べ物で葉酸摂取よりもサプリメントでの摂取を妊婦さんに推奨していることは知っていると思います。

サプリメント等の葉酸(folic acid)と比較すると、食品中の葉酸(dietary folate)は摂取した量の利用率が一定でなく、神経管閉鎖障害のリスク低減に関する科学的根拠もいまだ充分でありません。そのため現状では諸外国でも日本においても神経管閉鎖障害のリスク低減の観点からは、食事からの葉酸に加えて栄養補助食品からの葉酸を摂取するよう勧告されています。葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)は二分脊椎などの神経管閉鎖障害を持つ子どもが生まれるリスクを低減できる可能性があるとして、厚生労働省は特定保健用食品の関与成分として認めています。

 

引用元…厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト>葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果より

これは、飲んで身体に吸収される成分が90%近く簡単で、無駄が少ないからなんです。また、仕事が忙しかったり、自分でバランスが良い食事を作ろうとしても台所に立つ時間がとれない。身体の調子が悪くて食べることが大切だと分っていても食べられない症状の妊婦さんが多い背景も一つの要因なんです。

葉酸は、身体が新しい赤血球を産生するために必要です。 赤血球は、身体の器官に酸素を運ぶために必要です。 赤血球が充分にない場合、貧血になり、脱力感や疲労を感じます。 妊娠中に葉酸欠乏性貧血があった場合、赤ちゃんは、二分脊椎などの重篤な先天性欠損症を発症するリスクが高くなる可能性があります。

 

引用元…葉酸欠乏性貧血 - Healthline

葉酸を摂取するとつわりが和らいで、赤ちゃんの奇形リスクを下げてくれます。

 

つわりを和らげて、健やかな赤ちゃんを産むために早めに取り入れたいことですね。

スポンサーサイト


page top