つわり吐き気止めのプリンペランの体験談

つわりの吐き気止めにプリンペランを飲んで大丈夫なの?

purinnrerannsyohousenn20171110

妊娠初期のつわりの吐気は多くのママがつらいと感じる試練の時です。初めての妊娠では、何もかもが未経験で特にきついですよね。

 

わたしは酷い吐き気を感じるママさんに市販薬ではなく、病院でお薬を処方してもらうことを自分の失敗から推奨したいです。

 

プリンペランという吐き気止めは安全だと言われていますが、おなかの赤ちゃんが気になってどうしても副作用を気にしてしまいますよね。私は錠剤を1日三回に飲むこように医師から言われたのですが…安全性を凄く気にしてしまいました。

 

飲む量が多いことと、食べ物も十分に摂れない、水すらも吐いてしまうような状態でのお薬は凄く、凄く怖くて、不安に感じたんです。同じようにこの処方薬については先輩ママの体験談が紹介されていますが、今回は出産経験のあるママさんにお願いして、このお薬の体験談、感想を持ったかを記事投稿してもらいました。アンケートはランサーズ(クラウドサービス)に協力をお願いしました。


つわりの時に吐き気止めとしてプリンペランが処方された時の体験

子作りをして1年目に、待ち望んだ妊娠がわかりました。その時の感動は本当に人生で一番とも言えるぐらいのものでした。ですが妊娠がわかってから1ヶ月後には思い出すだけでもあの辛い日々が蘇るほどの、ひどいつわり体験でした…病気ではないのだから吐き気止めなどを飲むべきではないというのが一般的な考え方だと思います。

 

ですが、つわりで水分まで取れなくなって脱水症状の危険が出てきた場合は点滴による栄養や水分補給をしますし、プリンペランなどの吐き気止めが処方されることもあることが自分の身体が苦しくなってわかったんです。

 

つわりには吐きづわりと食べづわりなど様々なタイプがありますが、私の場合は典型的な吐きづわりで、一日中胃の中がムカムカして、少しでも食べ物を口にいれようものならすぐに吐き気が襲ってきて生唾がわき、あっという間に吐き戻してしまうという悲惨なものでした。

 

このきつい状態が…妊娠2ヶ月から始まり、妊娠5ヶ月までたっぷり3ヶ月も続いたんです…。

 

その間に、食事だけでなく水分も喉を通らなくなり体重は6キロも落ちてお腹の赤ちゃんの成長さえも心配になるほどにまでやつれてしまいました。ここまでつわりが重症化すると、やはり吐き気止めも必要ということになり、結局プリンペランを処方されました。

 

このお薬は、特につわり専門のお薬ではなく一般的に使われている吐き気止めの薬です。吐き気止めの薬の中では比較的副作用が少ないお薬なので妊娠中で、どうしてもひどいつわりで健康面に悪影響を与えるほど悪化している場合にはよく処方されるのです。

 

ですが、妊娠時というのは基本的には薬を飲まないことが推奨されているので、いくらつわりが酷いからといって安易に吐き気止めを飲むことは母親失格のように感じられて最初は躊躇していました。しかし、あまりに24時間気持ち悪くて吐き気が続くため最後はギブアップしてプリンペランを飲んでいました。

 

この吐き気止めを飲むと1時間ぐらいで確かに吐き気が治るのですが、それでも100パーセント吐き気が消えるわけではありませんでした

 

あくまでも補助的な役割という感じでしたが、それでも随分楽になり水分補給はできるぐらいにまで回復することができました。結局私は1ヶ月ほど毎日飲んでいましたが、このおかげで、なんとか辛いつわり期を無事に乗り越えることができたと思っています

 

妊娠中でも必要ならば、薬も服用することが大切なのだと実感した、つわり体験でした。

プリンペランの効き目には個人差があります。

投稿して頂いたママさんはプリンペランの効き目で完璧に吐き気が治まらなかったことを教えてくれています。私は妊娠悪阻で退院してからも、症状のぶり返しに苦しむ時期がありました。退院後5日後にこのお薬を飲んでいても、トイレに駆け込むことが増えた時期があったんです。ですが、他の妊婦さんの書き込みをネットで検索してみると同じように効き目を感じずらい人もいれば、私には効果があったよ!という経験談もありますよね。

 

これは私たちママの身体とお薬の相性の問題もありますし、医師の診断でお薬の量が変化するのでどうしても個人個人で違いが出てきてしまうんです

 

あなたはお水を飲んで気持ち悪くなってしまったり、飲めない時はないでしょうか

プリンペランを私は1日6錠飲んで、凄く怖くなって同じ経験をしているママさんの体験口コミを探しました。その時のまとめ記事が【つわり吐き気止めプリンペランは効果があるの?】です。暗い気持ちの時に読んで安心したコメントを集めてみました。

食べ物が食べられなくなって、酷くなると水分が取れなくなることが私達ママのコンデション悪化と赤ちゃんの悪影響リスクが高まるシグナルです。

 

多くの先輩ママさんがプリンペランで吐き気の対策をして元気な赤ちゃんを出産しています。必要に応じて医師の診断を受けつわり対策をしてお腹の赤ちゃんと、ご自身の身体を楽にすることが大切なことではないでしょうか?栄養不足は先天異常の原因になり、流産や死産に繋がるリスクがあります。身体の状態が落ち着いたら食事だけじゃなくて、栄養補助食品などの力を借りて少しでも必要な栄養素を入れて下さいね。

同じようにツライ経験をしたママさんの体験談の中に、同じ経験があると落ち着く部分がありませんか?食べ物だけではなくて、満員電車の中の人に臭いに強い気持ち悪さを感じる方もいます。出産後にご自身のつよい症状を乗り切る対策を【つわりの吐き気の辛い体験談。いつ終わるの?先輩ママの対策は?】で紹介させて頂いています。

 

スポンサーサイト

page top