つわりの吐き気を抑えるツボの効果

つわり吐き気を抑えるツボを押しても効果がない…どうしたら?

tetubomaxtusa-zi

つわりの対策でツボマッサージを試してみる…私も時間があるとやっていたんたですが直ぐに効果があるかと言われれば…“う~ん…微妙?”と感じているママさんはいませんか?

 

食べられない、匂いを感じて気持ち悪くなってしまう吐きつわりですが、「市販薬」「ビタミン剤(栄養ドリンク)」などで緩和することができますよ。

 

今回はチョコラbbや太田胃散を飲みながら自宅でできるつわり対策をご紹介します。


つわりはどうして起きるの?

tuwarigazou1023

つわりというのは、妊娠初期に発生する消化器系の困りものの不調症状なんです。
わかり易い症状になると、吐き気、食べ物が食べられない、唾液の味が不快に感じる、量が増える、妊娠前との味覚変化が見受けられます。

 

つわりが発生する時期は、主として妊娠5週~16週が多いと言われています。

 

この症状が落ち着くと言われているのは…妊娠16週からの安定期。

 

ですが、個人差があって、安定期と言われている妊娠後期まで消化器の不調が続くケースもあるんです。


つわりの吐き気を抑えるツボのベスト3が効かない時は?

つわりの吐き気を抑えるツボとしてよく知られている有名なポイントは“内観”“裏内庭”“足三里”です。マッサージの方法やツボの場所はマタニティ雑誌やネット情報で調べられますが、効き目を感じるまでの具体的な期間を紹介しているサイトやブログは少ないと感じるのは私だけでしょうか?自宅で出来るつわり対策として誰もが試せるマッサージですが、医療関係者にお話を聞くと専門家の鍼灸院で刺激することをおススメされました。

 

これは、自分で行うと効果を感じにくいからです。案外簡単そうに感じる刺激方ですがマッサージの場所、力加減、時間など一度プロの方の施術を受けてからの方が、その場で効き目を感じることができること。自宅で自分でツボを押すときに場所や力加減、時間のお手本を体感しているので間違えがないためなんです。

 

皆さんは気づいた時にツボの場所に手を無意識においていないでしょうか?私はすごくつわり症状が酷くて気付くとマッサージをしてたんです。真っ赤になるまで強くおして痛みを感じるようになってしまったんです。最初は妊婦さんを対象にした施術体験が多いベテラン鍼灸師さんに自分の症状を相談し、プロから自宅でできるマッサージの方法、場所を教えてもらうことが失敗しない方法かもしれませんね。

つわりのツボをマッサージしながら飲み物や市販薬で対策を

ツボマッサージがいいと分っていても、毎日同じ時間、同じ場所を継続的に刺激することは大変ですよね?仕事で疲れている時、家事が忙しい時、なによりコンデションがきつくて動きたくない…動けない時が多いと思うんです。

 

そんな時に“マッサージができないなら、こっちで…”というような、自分にあったつわり対策の飲み物や食べ物や、実際に嘔吐が続いてしまう時には、市販薬や病院での処方薬が手元にあればツライ体調を助けてくれますよ。妊婦さんに人気がある対策アイテムを簡単に紹介します。

 

チョコラbb

質問サイトやママの投稿で人気のビタミンアイテムです。コンビニでも購入できるので冷蔵庫に1~2本冷やしておくと冷たく飲みやすのではないでしょうか?カフェインが少量入っていますが、妊婦が飲めるカフェイン許容量を超えるのは3本目からです。1日1本なら問題はないといわれていますよ。
※関連記事…つわりにビタミンb6入りのチョコラBBローヤル2に効果あり?本当?

 

太田胃散

薬局やドラックストアで「妊娠していても飲める吐き気止めはどれですか?」と聞くと必ずお勧められるのがこの太田胃散です。漢方薬がメイン成分なので副作用の心配が少ないと言わています。公式ホームページでも妊娠していても飲めることが解説してありますよ。
※関連記事…つわりの吐き気止めで市販薬で飲めるお薬は?

 

葉酸サプリ

吐き気止め成分のビタミン成分+赤ちゃんの奇形リスクを下げる葉酸を効率的にとるためのサプリメントです。食べ物では身体に半分も吸収されませんが、サプリだと90%吸収されます。安全性の高いママ専門サプリは少し高めですが、仲介業者や人件費の分を栄養成分や開発費にしているので効果は高いです。私はこれでなんとかつらい妊娠初期をすごすことができました。
※関連記事…つわりお助けアイテム~妊婦さんに人気ベルタ葉酸プリって…理由は?

 

ツボをマッサージしたけど効き目を感じなかった…そんなときはつらい症状を抑えることに一つの方法にこだわらず、ご自分にあった方法を探すのはいかがでしょうか?市販薬や医師処方の吐き気止め成分、葉酸サプリは副作用が心配するママさんが多いですが、何より大切のしなくちゃいけないのは…お腹の赤ちゃんが元気に育つことです。

 

そのためにはママのコンデションを良くして栄養状態を良くすること。そしてストレスを感じない生活をすることが元気な赤ちゃんを産む助けになるのではないでしょうか?

スポンサーサイト

page top