つわりの吐き気止めの副作用

つわりの吐き気止めの副作用は?点滴で赤ちゃんに影響はあるの?

tenntekigazou

つわりの吐き気止めで病院で点滴で処方されたけど、副作用が心配…悪阻と診断された私はポタポタと垂れるお薬をベットの上で見ながら、そんな気持ちに私はなりました。

 

点滴の成分はなんなの

 

赤ちゃんは大丈夫

 

すごく気になってしまったんです。

 

妊娠初期は特に多くのママさんが気持ち悪さや、吐き気を経験する時期です。これは、仕方がないことなんです。これはお腹の赤ちゃんが急激に成長するため母体の体調を維持するための栄養成分が足りなくなってしまうからです。そのためにホルモンバランスが崩れてしまって自律神経が正常に働かずに症状がでてしまうんですすね。

 

つわり症状が重いケースの医療行為の一種として点滴を打つケースは特に珍しいことではないと思います。とりわけお水でさえ口にすると…吐いてしまうレベルの時、脱水の状態になったような場合では、直ちに水分の補給、母体に栄養分の補充を行うことが不可欠です。そこで今日はつわりの際に打つ点滴の成分の種類や副作用、そしてお腹のあかちゃんにどんな影響があるのかをまとめていこうと思います。


つわりの吐き気止めの副作用と成分は?

病院で吐気止めの点滴を受ける場合、多くのママに処方されるのはビタミンb6、またはプリンペランという液体のお薬の場合がほとんどです。ビタミン剤は日本産婦人科学会が妊娠悪阻の治療薬として有効性が高いと発表されてから多く知られ錠剤の市販薬としても薬店やドラックストアでも購入できるようになりました。もう一つのプリンペランは妊婦に安全性は高いと言われていて、点滴薬だけではなく錠剤も医師の判断で処方される知名度の高い吐き気止めの成分です。

 

副作用は大丈夫なの?

ビタミン群(bを含む)制吐系

ビタミン剤は身体に過剰摂取することは少ないと言われています。これは多く身体に摂取してしまった場合は、尿として身体の外に排出されるからなんです。医療現場で治療薬として使用されている場合は原料も安全性の高い物から抽出されていてママの身体や赤ちゃんに影響は少ないと言われています。

 

吐気止めプリンペラン

今までプリンペランが原因で健康状態が悪くなって命を落とした…こういったことは起きていないそうです。私は医療現場で働いています。産科医と助産師さんはお話を聞いてみると、安全性が高いからママさんに投薬することができるという認識を持っているようです。医師の処方でしかこのお薬はもらえないので強い薬で副作用が心配になってしまいますが、赤ちゃんの命の危険性や奇形リスク、流産の可能性は少ないと言えるのではないでしょうか?

つわり止めの点滴の効果は赤ちゃんとママを守ってくれます。

つわりに効く点滴を受けても効果を凄く感じたという人と、あまり効き目を感じなかった…こういう感想をもつママさんがいます。これは一人一人の妊婦さんの症状が違うことが原因と言われているんです。症状が軽いのか?重いのか?の医師の診断や体重によってお薬の量が一人一人変わるのでみんな同じように吐き気に効き目を感じた!という訳にはいかないんですね。

 

ですが、つわり症状が酷くなると栄養状態の悪化で赤ちゃんに必要な栄養が届かずに二分脊椎症や無脳症になる危険性が高まります

 

ママの身体の吐き気が止まって十分な栄養が吸収できるようになることは、お腹の小さな命を守ることになると言えるのではないでしょうか?

 

自宅でコンデションが悪い状態が続くと、メンタルが落ち込んでしまいますよね?そんな時に助産師さん看護士さんに見守れながら点滴を受けると精神的に落ち着く効果がありますよ。病院スタッフはさすがにプロなので、私たちママの不安な気持ちを感じ取ってお話しを聞いてくれますよ。

 

つわりが続いて…どうしていいか分からなくなって、怖くなってしまった時は医師に相談してみましょうね。つらい時期を少しでも楽に乗り切りましょうね。

スポンサーサイト

page top